村岡産婦人科医院
予防接種



▶予防接種とは?
感染症にかかると体内で抗体等が作られ、外から侵入する病原体を攻撃する仕組みができます。
これを「免疫」といいます。免疫を利用したものが「ワクチン」です。
予防接種をすることにより、ウイルスや細菌に対する
免疫を作り出し、病気になりにくくします。稀に、発熱などの副反応がみられますが、実際に感染症にかかるよりも症状が軽いことや、周りの人にうつすことがないという利点があります。
赤ちゃんは、ママのお腹にいる時に様々な病気に対する免疫が受け継がれます。しかし、抗体の種類によって、免疫は生後間もなく失われてしまいます。
そのため、対象時期になったら速やかに予防接種を受けましょう。
田辺三菱製薬株式会社「ワクチン.net」より転載(一部改変)

▶どんなワクチンがあるの?
当院で取り扱い中のワクチンは以下のとおりです。

〇不活化ワクチン
 ウイルスや細菌の感染する能力を失わせたものを
 原材料として作られる
B型肝炎 ヒブ 小児用肺炎球菌
4種混合
(DPT-IPV)
2種混合
(DT)
子宮頸がん
(HPV)
日本脳炎 高齢者肺炎球菌 インフルエンザ
(13歳以上のみ)
〇生ワクチン
 ウイルスや細菌の毒性を弱めて病原性を
 なくしたものを原材料として作られる
ロタウイルス BCG 麻疹風疹混合
(MR)
水痘
(帯状疱疹)
おたふくかぜ